現役のスロプロによる、パチスロが好きな方・パチスロで勝っていきたいと思っている方へ、パチスロでの立ち回り方や打ち方、パチスロ機種解析情報などをお伝えするブログです。

【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ

立ち回り アレックス Aタイプ データ分析 5.9号機

【アレックス】ホールデータから設定1と設定5・6のボーナス分布を分析してみた

更新日:

アクロスシリーズでも最新作のアレックスは、ボーナス連チャンがとてつもない・・・

そんな風に感じている人は私だけではないはずです。

まるでストック機(4号機時代の爆裂連チャン機)のようなボーナスの出現率で、連チャンと深いハマりを繰り返していく、という波が特徴ですね。

個人的には『ゲッターマウスの連チャン性能を超えた』ぐらい、凄い波の荒さだと思っています。(当然ハマりも!笑)

そこで、ホールデータからアレックスのボーナス当選ゲームのデータをまとめてみました。

普段打っているであろう設定1のアレックスと、イベント時に全台設定5・6であったアレックスを比較してみましたので、参考までにご覧ください。

【アレックス】イベント時の全台設定5・6データ

先日、強めのイベント時に全台系狙いでアレックスを打ったところ、結果的にアレックス(5台設置)が全台設定5・6でした。

周りの人ほぼ全員が設定判別をしており、BIG中の『ハズレ』や『設定2以上確定のJAC役』が複数台で出現していたので、ホールデータを見ても全台系で間違いないです。

私の打った台は設定5でしたが、計5台のうちの『ほとんどが設定5』で『1台または2台が設定6』であったと予想しています。

ということで、そのイベント時の全台設定5・6のホールデータをご覧ください。

今回使用したパチスロ情報サイト
サイト名:データロボサイトセブン
月額:300円(税抜)

全国加盟ホールのデータを閲覧できるプロ御用達のサイト

今回はデータロボサイトセブンを利用してデータ集計いたしました。

【設定5】1台目のホールデータ

こちらは友人が打っていましたが、推定設定5でした。

ちなみにBIG中のハズレ1回、設定2以上確定が出ていました。

データ詳細 ボーナス間履歴

差枚数:+約2000枚

【設定5】2台目のホールデータ(私が打った台)

こちらは私が打った台です。

朝イチにジャグラーを打ち、ダメだったのでこちらの台に移動。

計250G(BIG:0回 REG:1回)で捨ててあったので、午前11時過ぎから打ってみました。

BIG中にハズレ2回、通常時の羽確率やBIG中の示唆からも、設定5で間違いないと思います。

データ詳細 ボーナス間履歴

差枚数:+約3200枚


BIG中のハズレ
(1回目)
BIG中のハズレ
(2回目)

【設定5・6】3台目のホールデータ

こちらの台を打っていた方は、小役カウンターを使って終日回していました。

プロっぽい人だったのとデータを見ても、明らかに設定5・6で間違いないです。

データ詳細 ボーナス間履歴

差枚数:+約4500枚


【設定5・6】4台目のホールデータ

こちらの台はパッと見では低設定みたいですが、プロっぽい男性がしっかりと小役カウントをして打っていました。

時間が無くなったのか途中で友人を連れてきて、わざわざ入れ替わってヤメていきました。

友人もそのまま閉店まで粘っていましたので、BIG中のハズレや何かしら示唆があって設定5・6である強い根拠があったはずです。

強めのイベント内容からも、1台だけが設定1とは考えにくいので、設定5・6で間違いないでしょう。

データ詳細 ボーナス間履歴

差枚数:ほぼ±0枚

【設定5・6】5台目のホールデータ

こちらもプロらしき人が朝イチから閉店まで台を離れなかったです。

小役カウントもしっかりされていたのとボーナス確率が異常なので、出玉からも設定5・6で間違いないですね。

データ詳細 ボーナス間履歴

差枚数:+約5000枚


 

【アレックス】設定5・6のボーナス当選G数の特徴

今回の全台設定5・6であったホールデータから設定5・6全台の『294回分のボーナス当選G数』を集計し、ボーナス分布から特徴を分析してみました。

100G以内のボーナス当選率が55.7%もあり、600G以上のハマりが1回(0.03%)しかなかったです。

打っていた体感では300G~500Gほどハマったら、大抵(8~9割ほど)はその後100G以内に連チャンするイメージ。

ハマっている間に溜まったものを吐き出すような感じで、周りの台を見ても同じ挙動でした。

2回連続でハマっても100G以内に連チャンしないとか、立て続けに600Gを超えるような台は高設定の可能性は低くなりますね。

【アレックス】設定5・6のボーナス分布(ボーナス計:294回)

設定5・6のボーナス当選G数を分布表にしましたので、分析していきましょう。

【設定5・6】ボーナス当選 分布表(100G毎)

G数 ボーナス当選回数 当選率
0~100G 164回 55.7%
101~200G 62回 21.0%
201~300G 36回 12.2%
301~400G 13回 4.4%
401~500G 14回 4.7%
501~600G 4回 1.3%
601~700G 0回 0%
701~800G 0回 0%
801~900G 1回 0.03%
901~1000G 0回 0%
1001G~ 0回 0%
ボーナス回数 計 294回 -

【設定5・6】ボーナス当選 分布表(128Gまで)

128Gまでのボーナス当選率が65.9%もありました。

高設定だから早いG数でボーナス当選するのは当たり前と言えば当たり前ですが、129G~200Gの当選率と比べても101G~128Gの当選率とは1:1だったので、128Gまでは回したほうが良いのかもしれません。

※こういった話はオカルトが入った内容なので、信じるか信じないかはあなた次第です

G数 ボーナス当選回数 当選率
0~100G 164回 55.7%
101~128G 30回 10.2%
129~200G 32回 10.8%
201~300G 36回 12.2%
301~400G 13回 4.4%
401~500G 14回 4.7%
501~600G 4回 1.3%
601~700G 0回 0%
701~800G 0回 0%
801~900G 1回 0.03%
901~1000G 0回 0%
1001G~ 0回 0%
ボーナス回数 計 294回 -

【アレックス】推定設定1のボーナス当選G数の特徴

推定設定1であろうアレックスのホールデータを集計し、256回分のボーナス当選履歴から分析してみました。

連チャンするイメージが強かったのですが、集計してみたら意外にも100G以内の連チャン率は高くなかったです。

しかし、連チャンし始めたら何かのスイッチが入ったような連チャンがあり、連チャンが終わったら違う台かのように立て続けに大きくハマるような挙動が起こることを何度も目の当たりにしています。

高設定だと思っていても一気に数千枚飲まれることも多くあるので、注意が必要ですね。

※やはりオカルト思考が入った内容なので、信じるか信じないかはあなた次第です

【アレックス】推定設定1のボーナス分布(ボーナス計:256回)

【設定1】ボーナス当選 分布表(100G毎)

G数 ボーナス当選回数 当選率
0~100G 117回 45.7%
101~200G 63回 24.6%
201~300G 37回 14.4%
301~400G 16回 6.2%
401~500G 13回 5.0%
501~600G 4回 1.6%
601~700G 1回 0.4%
701~800G 2回 0.8%
801~900G 2回 0.8%
901~1000G 1回 0.4%
1001G~ 0回 0%
ボーナス回数 計 256回 -

【設定1】ボーナス当選 分布表(128Gまで)

128Gまでのボーナス当選率は52.7%と、設定5・6に比べたらやはり落ちてしまいますが、それでも128Gまでに5割以上はボーナスに当選するのであれば、連チャン率は高いと思います。

約15%(およそ6回に1回)の割合で300G越えのボーナス間ハマリに至るので、注意が必要ですね。

G数 ボーナス当選回数 当選率
0~100G 117回 45.7%
101~128G 18回 7.0%
129~200G 45回 17.6%
201~300G 37回 14.4%
301~400G 16回 6.2%
401~500G 13回 5.0%
501~600G 4回 1.6%
601~700G 1回 0.4%
701~800G 2回 0.8%
801~900G 2回 0.8%
901~1000G 1回 0.4%
1001G~ 0回 0%
ボーナス回数 計 256回 -

設定1での深いハマりは危険なので深追い注意!!

今回の設定1のボーナス分布データには入れていませんが、私自身が最高にハマったG数は『1573G』です。

途中まで設定5挙動だったのですが、急に設定1のような挙動になり、最後に1回ボーナスを引いてからやめたかったものの、結局引けずにヤメ。

その時のデータがこちらです。

自身の最大ハマり『1573G』のデータ

1573Gで諦めてヤメましたが、自宅に帰ってからデータロボサイトセブンで確認したところ、1890Gまでハマっていましたね。笑

本当にアクロス機種は闇が深いです・・・

ボーナス間履歴



スランプグラフと小役カウントの結果

【通常時】
TOTAL:5600G
BIG:19回(1/294)
REG:13回(1/430)
BONUS合算:32回(1/175)⇒設定1以下
羽:425回(1/13.1)⇒設定5以上

【BIG中】
TOTAL:452G
JAC役C(中段):71回(1/6.3)⇒設定1&5の近似値
JAC役D(右上がり):21回(1/21.5)⇒設定5の近似値

設定5っぽい通常時の羽確率、BIG中の小役確率だったので粘っていましたが、BIG中にハズレ+設定2以上確定などが出ていなかったので、ほぼ確定レベルではなかったんです。

ある程度ボーナス確率やボーナス間のハマりにも注目していれば、深追いせずに済んだことかと思います。

アレックスは急なストレートハマりがあるので、設定1かもという状況下では注意してくださいね。

【アレックス】今回の分析まとめ

実は以前のイベントで、アレックスが全台設定5・6だった時に、一度データを集計したことがありました。

その時に全台設定5・6(計5台)のボーナス履歴を全て確認したら、128G以内の連チャン率がやたらと高く、600G以上ハマった台が無かったんですね。

計250回以上のボーナスを見て、そのような結果だったので、気になって今回も分析してみたんです。

今回は一度だけ600G越えをした台がありましたが、それでも600Gが良いボーダーラインとなるのではないでしょうか?

データのボーナス履歴を見て後ヅモを狙う際には、参考にして頂けたらと思います。

まだまだ新しい機種でもあり、出玉開放日には高設定が入るホールが多く見られるので、イベント時には積極的に狙っていきましょう。

 

アレックスには精度の高いスロマガ設定推測ツールが活躍!!

アレックスでは通常時に『羽確率は良いけどボーナス確率は悪い』とか、『ボーナス確率は良いけど、BIG中の判別要素は悪い』とか、複数の判別要素が合わさっての設定判別となるため、体感での判別は少し危険だったりします。

時間を無駄にして高設定に座るチャンスを逃したり、無駄に長く打って投資を増やすことにもなりかねません。

そんな時にスロマガの設定推測ツールを使って期待設定を推測すれば、すぐにあなたが打っている台の期待設定が分かります。

私の場合は、台選びに強い根拠がない時など、基本的に設定1・2が50%以上だった場合、次の台へ移動という立ち回りをしていますね。(ホールには設定1・2のほうが圧倒的に多い為)

このツールの使用し『早い設定判別+台数をこなす』ことで、高設定のツモ率は高くなる立ち回りができています。

しかもハナビ・バーサスなんかと比べても、アレックスは設定判別が難しい機種なので、設定推測ツールは絶対に使っておいたほうがいいです。

月額料金は540円ですが、1ヵ月たったのメダル27枚で素早い設定判別ができる、その後の高設定ツモ率が上がるのであれば、比べ物にならないぐらい安い投資額だと思います。

あなたがスロマガのサイトを利用しなくなった際には、いつでも退会できますのでご安心ください。

今体感で設定推測をしている人は、精度の高いスロマガ公式サイトの設定推測ツールを使っておいたほうが良いですね。

▶︎「スロマガ公式サイト」はこちら

全国加盟ホール(約2,200店舗)の出玉データをスマホからいつでもチェック可能。
スロプロ達が活用する優良ツール『データロボサイトセブン』は、たったの324円/月(メダル約16枚分)で利用できる。

Amazon

スポンサードリンク

-立ち回り, アレックス, Aタイプ, データ分析, 5.9号機

Top

Copyright© 【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.