現役のスロプロによる、パチスロが好きな方・パチスロで勝っていきたいと思っている方へ、パチスロでの立ち回り方や打ち方、パチスロ機種解析情報などをお伝えするブログです。

【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ

楽しむ打ち方 アレックス Aタイプ 打ち方 リーチ目 5.9号機

【アレックス】通常時の打ち方・リーチ目・アツくなれる瞬間など

更新日:

リーチ目を覚えたら、楽し過ぎるアレックス。

今回はそんなアレックスの実践結果ではなく、実践から得た『効率の良い打ち方、リーチ目、熱くなれる瞬間』などをお届けしていきたいと思います。

 

本記事はアレックス導入後まもなくの記事ですので、リーチ目集をお探しの方は先にこちらの記事をご覧ください。

【アレックス】赤7・枠上アレックス狙い時のリーチ目集

【アレックス】通常時の打ち方とは?

先日、アレックスの解析ページにて通常時の打ち方はお伝えしておりましたが、初心者の方向けにお伝えしたいと思います。

まず、通常時の基本的な打ち方は2パターンです。

枠内赤7狙い

これが一番簡単だと思います。

左リールの枠内に赤7を目押しして消化します。(上段・中段・下段どこに狙ってもいいです)

日頃から早めに押してしまうクセのある方は、赤7を下段に押すようにしましょう。

とにかく左リール赤7の3コマ上にあるチェリーを引き込める範囲なら大丈夫なので、赤7下段に押していれば100%大丈夫です。

枠上アレックス狙い

こちらは中級者~上級者向けの打ち方になります。

チェリー付きの11番アレックスを枠上(または枠上上)に目押しします。

【リール配列】

上段にアレックスが止まったらレア小役は否定されますので、中・右リールはトントンっと押せて効率が良い打ち方です。

ただし、枠上にアレックスが止まった場合、3枚役(羽・羽・鳥)またはブドウが成立している可能性があるため、必ずフォローしましょう。

【通常時】ブドウ・チェリー・3枚役をフォローする

ブドウ
(14枚)
チェリー
(6枚)
羽・羽・鳥
(3枚)

必ず上段or下段ライン
に揃う

チェリーは上記でお伝えした打ち方2パターンで毎ゲーム必ずフォローできますが、ブドウと3枚役(羽・羽・鳥)は中・右リールでの目押しが必要です。

レバーON時の予告音あり(しゃりらりら~♪みたいな音)の時はブドウが成立している可能性があるので、予告音ありの場合はブドウもしっかり狙いましょう。(予告音なしならブドウ成立の可能性なし)

3枚役(羽・羽・鳥)は予告音なしでも成立している可能性があるので、毎ゲーム成立しているか判別が必要です。

3枚役成立の簡単な見抜き方

予告音なしの場合

予告音なしの場合、左リール(チェリーを狙って)押したらすぐに中リールを押してください。

トントンって感じで!

↓こんな感じで左・中リールは素早く止めるのがポイント

ハナビやバーサスも左・右リールをトントンっと押しますよね?(ハサミ打ちのこと)

あの感じで、左・中リールをトントンって押すんです。

↓左・中リールを止めたら、ワンテンポ置くのがポイント

上段か下段に羽がテンパイした時だけ、右リールにアレックス図柄(黄色い鳥)を狙ってください。

そうすると結構な頻度で、羽・羽・鳥(3枚役)が取れます↓

3枚役の停止例
3枚役は1/40で成立(通常時)

予告音ありの場合

予告音があるときは、全小役の可能性があるので、中リールと右リールは素早く押さないこと!

ゆっくりで良いので、左リールは上記でお伝えした2パターンの箇所を目押し。(枠内赤7もしくは枠上11番アレックス)

中リールでは必ずブドウを取りこぼさないように押しましょう。

ブドウがテンパイしたら右リールにもブドウを狙う。

羽が上段・下段にテンパイしたら右リールにアレックス図柄(黄色い鳥)を狙う。

枠上アレックス狙いの場合、予告音発生時に左・中リールと止めたらブドウと羽がダブルテンパイする時があります。

↓左・中リールでダブルテンパイの例

【予告音あり】羽・ブドウのダブルテンパイ時
消灯数 対応役 狙う図柄
消灯なし 羽orブドウ 右リールに赤7狙い
1消灯 3枚役 右リールにアレックス狙い
2消灯 ブドウ 右リールに赤7狙い
3消灯 ブドウ 右リールに赤7狙い

予告音があれば、消灯数によって揃う小役が決まっていますので、対応役を狙って揃わなければボーナス確定です。

消灯なしなら羽かブドウ、第1消灯のみなら3枚役、第2消灯しているならブドウとなりますので、それぞれ対象の小役を狙いましょう。

通常時はこの繰り返し、そして予告音やリーチ目を待つスタイルで良いんです。

これがアレックスの王道の打ち方です。

最初はフォローする小役が多くて面倒ですが、慣れたらスパパパンッと早く消化出来ますので、その辺は安心してくださいね。

【アレックス】リーチ目法則を解説

左リール赤7狙い・枠上アレックス狙い時によく出るリーチ目と法則を解説いたします。

『リーチ目を知っているか・知らないか』というだけで、何枚もコインロスが違ってきます。

ハナビやバーサスなどとは少し違って、一見分かりにくいリーチ目が多いので、まずは法則だけでも覚えて下さい。

リーチ目を覚えると、ボーナス成立後の無駄なコインロスが無い+楽しさが倍増しますので、打ちながらでも都度確認しながらアレックスを楽しみましょう。

【リーチ目】右リール下段赤7(ゲチェナ)

有名なゲチェナ(下段チェリー付き7)は今作でも強い図柄です。

左リールの上・下段にボーナス図柄、右下段に7が止まった時点で、第3停止で小役が揃わなければリーチ目です。

【リーチ目】左リール赤7中段の小役ハズレ

左リール中段に赤7が止まったら小役ハズレでリーチ目です。

要するに、リプレイ・羽・3枚役(羽・羽・鳥)が全て揃わなければリーチ目。

この場合、左・中リールの時点で羽がテンパイしていないので、リプレイがハズレてリーチ目となりました。

【リーチ目】左リール赤7上段のブドウ大山型

左リール上段赤7からのブドウ大山型はリーチ目です。

ブドウ小山型はボーナス未成立時に出るので、リーチ目ではありません。

【リーチ目】左リール赤7上段のブドウ逆L型

左リール上段赤7から、ブドウが中・右リール上段に停止すれば、リーチ目です。

こちら実は右リール上段にブドウが止まった時点で、小役(ブドウ・リプレイ)がハズレたらリーチ目となります。

【リーチ目】赤7・アレックスの一直線揃い

これは誰が見てもリーチ目っぽいやつです。

ただし注意点としては、ブドウの取りこぼしでも出現するので、予告音なしの場合には問答無用でリーチ目となります。

予告音あり(=ブドウ成立の可能性あり)の場合には、ブドウをフォローして全小役が外れた場合はリーチ目となります。

【リーチ目】赤7上段テンパイでリプレイハズレ

左・中リールに赤7が上段テンパイした場合、リプレイハズレでリーチ目です。

中リールにはチェリー付きの赤7もありますので、その場合は上段テンパイで(予告音なしなら)2リール確定となります。(※ブドウこぼしでも出るため)

【リーチ目】11番アレックスからの右下がりテンパイリプレイハズレ

左リール上段に11番アレックス停止から、右下がりにアレックスがテンパイした場合、リプレイハズレでリーチ目となります。

左リールにはアレックス図柄が2つあり、16番のアレックスの場合は、この法則は当てはまりませんので注意してください。

確認方法は、左リール枠上にチェリーが止まっていれば、11番のアレックスとなります。

【リール配列】

【リーチ目】枠上11番アレックスから小役ダブルテンパイハズレ

枠上アレックス狙いの場合、左・中リールでブドウと羽が平行にダブルテンパイする時がありますが、羽・ブドウ・3枚役をフォローして全てハズれたらリーチ目です。

予告音あり時だと、消灯なしなら羽かブドウ、第1消灯のみなら3枚役、第2消灯しているならブドウとなりますので、消灯数に応じて対象小役を狙いましょう。

ちなみに、右リールにBARを下段~枠下下(3コマの範囲)に押すと、ブドウと3枚役を共にフォローできます。

【リール配列】

【リーチ目】左リール下段赤7からブドウ小L型

左リール下段赤7から、中・右リール共に中段にブドウが停止するとリーチ目となります。

その停止型はブドウが小L型に見えることから、ブドウ小L型と呼んでいます。

【リーチ目】赤7の大V型(条件:中リールはブドウ付き赤7)

赤7の大Vの場合は(中リール19番赤7なら)リーチ目です。

※中リールは8番の赤7では、リーチ目になりません。

【リール配列】

【予告音でアツくなれる瞬間①】上段赤7停止時

予告音発生時にとにかく熱いのは、赤7上段停止時です。

予告音発生=リプレイ以外の小役 or ボーナス

となるので、上段赤7の時点で『ブドウorボーナス』となります。

予告音+上段赤7停止時
対応役:ブドウ or ボーナス

消灯有無での期待度

消灯ありの場合 消灯なしの場合

アツい!!
(体感30%~40%でボーナス)

ゲロアツ!!
(体感70~80%でボーナス)

予告音⇒赤7上段⇒消灯なしがゲロアツです!!

実践上では、70~80%ほどでボーナスに繋がっています。

『ハナビの氷』・『バーサスのスイカ』と違って、ブドウ確率が1/256という低い確率の小役なので、熱さ度合が違うんですね。

一応、左リールはしっかり枠内に赤7を狙って打たないと、チェリーの取りこぼしもあるので注意しましょう。
※枠上上(上段より2コマ上)に赤7を押したらチェリーを取りこぼします

【予告音でアツくなれる瞬間②】下段赤7停止+消灯時

予告音発生時に熱いパターンの2つ目は、赤7下段停止+消灯時です。

下段赤7停止で羽orブドウorボーナスですが、消灯ありなら羽の可能性は否定されます。

ですので、下段赤7停止+消灯で『ブドウorボーナス』となります。

予告音+下段赤7停止+消灯の対応役
対応役:ブドウ or ボーナス

消灯有無での期待度

消灯ありの場合 消灯なしの場合

アツい!!
(体感30%~40%でボーナス)

羽否定でゲロアツ!!
(9割以上は羽ですが・・・)

まとめ

今回はアレックスの打ち方やリーチ目、アツくなれる瞬間などをお届けしました。

アレックスはこれから新台扱いでもなくなり、店舗によっては高設定を使っていくホール、使わないホールは分かれると思います。

アクロス系機種をいままで大事にしてきたホールを狙い、大事な場面で高設定を使っているホールで高設定狙いをしていきましょう。

私は前回アレックスを打ってすごく楽しめたので、再度高設定を狙って打っていきたいと思います。

高設定挙動や低設定挙動などの違いを見極めて、また報告したいと思います。

 

※リーチ目集を追加しましたので、是非こちらも見て下さい↓

追加リーチ目集
【最新版】赤7・枠上アレックス狙いのリーチ目 【最新版】ブランク付近のリーチ目

設定判別には精度の高いスロマガ設定推測ツールが活躍!!

アレックスでは通常時に『羽確率は良いけどボーナス確率は悪い』とか、『ボーナス確率は良いけど、BIG中の判別要素は悪い』とか、複数の判別要素が合わさっての設定判別となるため、体感での判別は少し危険だったりします。

時間を無駄にして高設定に座るチャンスを逃したり、無駄に長く打って投資を増やすことにもなりかねません。

そんな時にスロマガの設定推測ツールを使って期待設定を推測すれば、すぐにあなたが打っている台の期待設定が分かります。

私の場合は、台選びに強い根拠がない時など、基本的に設定1・2が50%以上だった場合、次の台へ移動という立ち回りをしていますね。(ホールには設定1・2のほうが圧倒的に多い為)

このツールの使用し『早い設定判別+台数をこなす』ことで、高設定のツモ率は高くなる立ち回りができています。

しかもハナビ・バーサスなんかと比べても、アレックスは設定判別が難しい機種なので、設定推測ツールは絶対に使っておいたほうがいいです。

月額500円(税抜)ですが、1ヵ月たったのメダル28枚で素早い設定判別ができる、その後の高設定ツモ率が上がるのであれば、比べ物にならないぐらい安い投資額だと思います。

あなたがスロマガのサイトを利用しなくなった際には、いつでも退会できますのでご安心ください。

今体感で設定推測をしている人は、精度の高いスロマガ公式サイトの設定推測ツールを使っておいたほうが良いですね。

▶︎「スロマガ公式サイト」はこちら

【アレックス】BIG中ハズレが出た結果!設定5・6?実践報告

【アレックス】BIG中ハズレが出た結果!設定5・6?実践報告

【解析】アレックス -設定判別・打ち方・PVなど-

全国加盟ホール(約2,200店舗)の出玉データをスマホからいつでもチェック可能。
スロプロ達が活用する優良ツール『データロボサイトセブン』は、たったの500円/月(税抜)で利用できる。

Amazon

スポンサードリンク

-楽しむ打ち方, アレックス, Aタイプ, 打ち方, リーチ目, 5.9号機

Top

Copyright© 【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.