現役のスロプロによる、パチスロが好きな方・パチスロで勝っていきたいと思っている方へ、パチスロでの立ち回り方や打ち方、パチスロ機種解析情報などをお伝えするブログです。

【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ

設定狙い 立ち回り

【設定狙い】朝イチ抽選を受けなくても良いホールの見分け方

更新日:

パチンコホールの朝の入場についてですが、最近は「抽選」を受けて入場の順番を決めるホールが多いですよね?
今でも並び順で入場の店舗もありますが、特に朝の並び人数が多い店舗なんかはほぼ抽選での入場だと思います。

あなたは今日は抽選を受けて無駄したなぁ・・・って思ったことはありませんか?
抽選人数がやたら少なかったり、狙い機種に朝イチ自分以外は誰も座っていなかったり。

私は抽選を受けるためにわざわざ開店時間の「30分前」とか「1時間前」にホールへ向かって抽選を受けるのがすごく嫌なんですよね。
大して並び人数もいない上に抽選で1番引いて高設定をツモれなかった日なんかは、その日は本当に後悔します。

開店後に行けば良かったって・・・笑

そんなわけで、今回は朝イチに抽選を受ける必要があるホールかどうかを見分ける方法をお伝えします。
今回の記事内容は、とにかく朝イチは「誰よりも先に入場をしたい」という願望の強い方には参考にならない記事です。

ですので、朝早く起きなくても勝ちに繋げる方法の一つとして参考にしてください。

設定狙いをする時に朝イチの抽選を受けなくても良いホールとは?

自分が打ちたい機種や、狙うべき機種が予め何機種かあるなら、その機種が朝イチに稼働しているのか?ということです。
例えば片道1時間ぐらい掛かるようなホールとか、初めて行くホールというのは、抽選の並び人数や朝イチの稼働状況が分からなかったりしますよね?

そういった時のために、朝イチの稼働状況(台数に対して何割ぐらいの人が打っているのか)を確認できれば、このホールでは抽選を受けないと台に座れないとか、自分の打ちたい機種には座れないってことが分かります。

ですので、そもそも初めて行くような何も状況が掴めていないホールでは、一旦朝イチの稼働状況を調べて「稼働が4〜5割」だったりするのなら、抽選を受けない一般入場であっても台は選べるということです。

そういった無理に早くから抽選を受けて負けるよりも、朝はゆっくり有意義な時間を過ごしつつ開店時間ぐらいに到着するのが効率が良いですよね。

ホールの「朝イチの混み具合」を見分ける方法

朝イチの混み具合が分かれば、わざわざ抽選に並ぶとか無駄な時間を過ごさなくて済みますよね?
その朝イチの混み具合を見分ける手順は3つあります。

全てのホールに通用するとは限りませんが、最近では多くのホールで使えるようになってきています。

手順①|スマホから台データをチェックする

最近スマホからホールの台データを見れる店舗が増えてきましたね。
朝イチにどれだけの人がどの機種で打っているかは、台データを見れば分かります。

ボーナス間履歴での時間表示や、リアルタイムで空き台表示があるデータなんかもあり、お昼頃に初ボーナスを引いているなんてボーナス履歴が残っていれば、朝から誰も打っていなかったってことがわかりますよね?

データロボサイトセブンなんかは、データ確認ができる代表サイトとしてもう有名ですが、サイトセブンを使わなくても店舗独自で台データを公開しているホールもいっぱいあります。

サイトセブンはパチスロを打つ人なら、もはや「必ず登録しておくべきサイト」の一つですが、無料で台データを公開している店舗の探し方もお伝えします。

データ公開店舗の探し方手順

スマホからGoogle検索で「店舗名〇〇+データ」で公開している店舗は見つかります。

それで出てこなければ、「店舗名〇〇+台データ」で検索してみるとかですね。

こんな感じで台データが無料で見れる店舗もあります。
だいたいその2つのワードで検索しても出てこなければ、無料で台データを公開していないということになります。

そういった場合には、データロボサイトセブンで見れることが多いです。
データロボサイトセブンでの台データ公開店舗は最近はかなり増えてきたので、よく行く店舗が見れるならかなり使えます。

▶︎「データロボサイトセブン」公式サイト

手順②|抽選並びの人数を確認する

抽選に何人ぐらい参加したかが分かれば、大体の混み具合は把握できると思います。
朝の抽選人数を調べるには、今だと取材レポートを調べると過去の並びの人数が出てきます。

もちろん過去のデータが全てではなく、取材内容によって並びの人数は結構変わるというのは把握しておいた方が良いでしょう。
ただ、大体のそのホールのイベント時の並び人数は把握できると思います。

Google検索で「店舗名〇〇+取材+並び」だったり、「店舗名〇〇+取材+結果」などと検索すれば、大抵は出てきます。

もしどうやって探しても出てこないって場合には、店舗に直接電話してしまうっていうのが実は一つの手段になります。

店舗へ電話して聞く場合

ほとんどのホールは、P-Worldというパチンコホール検索サイトに登録されています。
Google検索で「店舗名〇〇+Pworld」と検索したら出てきます。

そこの店舗情報で、電話番号が載っていますので「今日の並びの人数は何人でしたか?」って聞くと大体8〜9割ぐらいのお店は教えてくれます。

あんまり変な聞き方すると教えてくれなくなっちゃうので、腰低めに丁寧に聞いてくださいね。笑

手順③|並びの人数が確認できたら設置台数をチェックする

こちらの設置台数に関してもP-Worldに載っていますので、そちらでホールにあるパチスロ総台数と並びの人数を比較して、朝イチに大体何割ぐらいの稼働となるのかが分かります。
ここまで調べて8割以上の稼働があるとかだったら抽選を受けるべきだと思いますが、3割〜4割程度ならちょっと考えものですね。

狙う機種によってはわざわざ抽選に行く価値があるか、ってとこになってきます。

この手順を行なっていると、そもそもそこまで人数が集まらない店舗に行って価値があるのか?っていう指標ともなるので、設定狙いをする店舗では必ずやるべき行動とも言えます。
ですので、実は設定狙いをする際のホール選定として「当たり前のように行なうべき」だということですね。

今回のまとめ

今回は抽選に受けるべきホールかを見分ける方法をお伝えしました。
自分も含めてですけど、結構抽選の時間を無駄にしている人って多いんですよね。

抽選なんか受けなくても勝つことはできますし、もちろん最善を尽くすのであれば、素直に抽選を受けて勝率を上げることをオススメしますが・・・笑

人それぞれにあった設定狙いでの立ち回り方はありますので、自分に合った方法を見つけて勝っていきましょう。

全国加盟ホール(約2,200店舗)の出玉データをスマホからいつでもチェック可能。
スロプロ達が活用する優良ツール『データロボサイトセブン』は、たったの500円/月(税抜)で利用できる。

Amazon

スポンサードリンク

-設定狙い, 立ち回り

Top

Copyright© 【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.