スロプロによる、パチスロが好きな方・パチスロで勝っていきたいと思っている方へ、パチスロでの立ち回り方や打ち方、パチスロ機種解析情報などをお伝えするブログです。

【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ

立ち回り 実践報告 パチスロディスクアップ Aタイプ 5.9号機 ART機

【ディスクアップ 】トータル収支で+1万枚を達成!※収支表を公開

更新日:

あなたはディスクアップで「ゲゲゲゲット♪」してますか?
私はディスクアップが楽しすぎて、空き時間があるならば打ちに行きます。

とは言っても、毎日ディスクアップばかりだと飽きるので、基本的にはAタイプ(ノーマルタイプ)での立ち回りをしつつも、高設定狙いができない状況なら「設定1でも上等」のディスクアップを打つと言った感じですね。

今回は私のパチスロ収支表の一部公開と、いくつか感じた点などをお伝えしたいと思います。

現在までのディスクアップでの収支

ディスクアップを打っていて数ヶ月、もちろん毎日打っていた訳ではないですが、いつのまにか+20万円以上』になっていたことに気付きました。

以前までは、人気機種のために「打ちたい時に空き台が無く打てない」ってことも多かったです。
しかし、最近のディスクアップ増台ブームのおかげで空き台も増えて打てているような状況ですね。

そんな現在までのディスクアップ収支の経過をお伝えしたいと思います。

トータル36回の稼動で『+1万枚オーバー』

これは私が使っているiPhoneアプリの「パチスロ収支表」ですが、ディスクアップでは『+260,000円』となっています。
しかも設定5・6確定レベルの良い挙動は無く、「あっても設定2か5かなぁ」ぐらいは数回あった程度です。

ほとんど(9割前後)が設定1だったと仮定すると、相当な甘い機種であると思います。

当然、まだまだ試行回数は少ないですし、これからも打っていく度に収支をつけていくので、今後にもプラスとなっていくことに期待したいところではあります。

『+1万枚オーバー』の内訳

1万枚オーバーの内訳
稼動時間 142時間 投資金額 554,000円
稼動回数 36回 回収金額 814,000円
勝ち回数 20回 平均額 7,222円
負け回数 16回 最高投資 39,000円
引き分け数 0回 最高回収 93,800円
勝率 55.6% 時間収支 1,831円/時
+260,000円

※ちょっと前までは複数機種を打った時に、機種毎の収支を付けてなかったので、実際のプラス額はもっと多いです

1時間あたりの収支に関しては、「1831円/時間」なんて割に合わない収支だなと思われる方もいるかもしれません。

しかし、ディスクアップの設定1だったらフル攻略でも機械割はおよそ103%なので、1時間あたり「約1,350円」となっています。
私のビタ成功率は85%〜90%となっているので、設定1でも機械割102%以上にはなりますが、「引き強だった」もしくは「設定1以外を打っていたことがある」ことが考えられます。

今までの経験から、引き強と考えるよりも「設定1以外を打っていた」可能性の方が高いと思っています。

もちろんパチスロ自体が遊戯なわけですし、私自身パチスロだけで生活している身ではないですから、「目押しができれば勝てる機種であり、充分なプラス収支である」と感じています。

現時点ディスクアップでの大きなプラス収支

推定設定2(or5)で大きなプラスとなっていることが多いです。
もちろん設定1とはそこまで機械割にも違いは無いのですが、大きなプラスになったことは間違いないです。

この他に設定1でも3000枚〜5000枚クラスの出玉となったことも数回ありますね。

大きなプラス収支となった台
推定設定 自分が回したゲーム数 収支
設定2(or5) 7044G +4726枚
設定2 7197G +3290枚
設定2(or5) 8120G +3843枚

大きなプラス収支となった台の詳細記事

その他にもディスクアップで大きくプラス収支となったケースを記事にしています。

どうやってプラス域になったのかが気になる方は、以下の3つの記事を読んでみてください。

【ディスクアップ】朝イチに異色BIG⇒6,000枚出た台の設定は?

【ディスクアップ】推定設定2を7000G回したらこんな結果に…

【ディスクアップ】1日で異色BIG4回・チェリーREG6回引いた台の設定は?

ディスクアップの出玉の波は激しすぎるので注意!!

※この話はオカルトな内容であり、興味のある方だけ読んでください

ディスクアップは甘いから、いくら突っ込んでも大丈夫と考えている方は注意が必要です。
というか、設定1がほぼ確定(MAX103%の機種)と分かっていて、そもそも微々たるプラス収支となるぐらいの台で相当な金額を突っ込んでしまったら、まずその日中に取り返すことが出来なくなってしまいます。

もちろん、機械割なんて打てば打つほど安定してくるものなので、打つ時間を長くすれば投資した金額は戻ってくると思うのが普通です。

期待値だけを追い求めるというスタイルの方だったら、無心で打ち続けるという方法でもいいと思います。

しかしディスクアップはボーナスのハマリと連チャンがとても激しい機種だと思いますので、あまりにもハマるようだったら引き際が肝心だと思っています。

打ち始める前に投資金額の上限を決める

私はいつもディスクアップを打ち始める前に、必ずその台での投資金額の上限を決めます。

基本的には30,000円までと決めて打ちます。
もちろん設定1ではなさそうだったら、もう少し粘ることもありますが、ほぼ設定2以上みたいな状況でなければ、基本的に31,000円以上は投資しません。

今までの経験では、30,000円以内に良い波(1000枚〜2000枚などの出玉)が一度は出ることが多いと思っています。

逆に30,000円以内に良い波(1000枚〜2000枚などの出玉)が出ることが無い、という場合にはヤメてしまうのが負け額も少なくなって良いのかなと思います。

一日でマイナス5000枚ぐらいは普通にある

とあるホールで見かけたディスクアップのデータです。

こんな感じの台を他のホールでも何回か見かけたことあるので、ディスクアップの荒波が悪い方向になると大変なことになるなって思いました。

台データ
最終データ スランプグラフ

とことん103%の期待値を追っても、1日で10万円近くもマイナスになれば、ビタ完璧でも機械割103%の台で取り返すまでに何日掛かるか分かりません。

心が折れるではないですけど、「予め上限金額は必ず決めておく」のと、「自分がヤメた後の台が出玉が付いていたとしても割り切れる」ようになると、負け額が少なくなり安定した収支も見込めるのかなと思います。

ディスクアップでは設定判別が必須である

結構目押しが上くて知識も豊富にある人であっても、設定1だと決めつけて設定判別をせずに打っている人が多いですね。

ディスクアップの島で小役カウンターを使って打っていると、自分だけしか設定判別をしていなくて一人だけ浮いてしまうこともあるほどです。笑
ただ、小役カウンターを駆使することで、設定2以上である可能性が極めて高い台を数回打てています。

そしてその時のプラス収支が大きな額となったので、例え可能性が薄くても設定判別は必ずした方が良いと思います。

設定判別をするのは最初の2000ゲームでだけでも良い

ずっとできるなら設定判別は常にしていた方がいいと思います。

しかし、あまりにも「小役出現率」や「特定ボーナス出現率」、「ART中の判別要素」の全てが悪いという場合には、2000Gまでで設定1だと決めつけてもいいと思います。

特に強めのイベントなどでディスクアップに高設定を使っているホールも多くなってきているので、設定判別ができるならした方がいいと思いますね。
実際にディスクアップは設定判別のしやすい機種だと私は思っているので、基本的には高設定狙いをしていなくても小役カウントをするようにしています。

時間に限りがあったり、そもそも適当に打って適当にヤメるって状況なら、最初から数える必要はないですね。

ディスクアップにはスロマガの設定推測ツールが最適

ディスクアップのように設定判別項目が複数多くある機種は、スロマガの設定推測ツールがめちゃくちゃ使えます。

感覚的に設定推測するよりも、何%ぐらいで高設定なのかを明確に出してくれるので、次の台に移動するかどうかの瞬時な判断が可能になります。

朝イチやイベント時などは時間との勝負ですので、素早い推測というのは勝率に大きく影響してきます。
私の場合は設定判別結果が50%以上で高設定という結果でない限り、次の台へ移動するなどのボーダーラインを決めて設定判別をしていきます。

設定差がある項目を入力すれば期待設定までも教えてくれるので、その機種の機械割と照らし合わせれば『期待収支・期待値』も明確に分かります。

ディスクアップは意外と設定が分かりやすい機種なので、2000Gもあれば高・低ぐらいの設定判別は大抵可能でしょう。

私の場合、上記画像のように設定2以上の可能性大という状況も何度も経験していて、ディスクアップでも設定1を回避してプラス収支をあげています。
ですので、最初から「どうせ設定1だろ」とあきらめずに判別はしていった方がいいと思います。

月額500円(税抜)ですが、1ヵ月たったのメダル28枚で素早い設定判別ができる、その後の勝率が例え僅かでも上がるのであれば、すぐに取り返せる安い投資額だと思います。

しかもスロマガのサイトを利用しなくなったら、いつでも退会できますのでご安心下さい。

まだ使ったことなければ、あなたも一度試しに使ってみて下さい。

▶︎「スロマガ公式サイト」はこちら

今回のまとめ

まだまだこれから未来のある機種、ディスクアップ。
技術介入機種としてパチスロ業界にはかなりの影響があるぐらい、革命的な機種でしょう。

これから技術介入系のAタイプ(ノーマルタイプ)が増えてくれれば、低設定でも勝てるといったひと昔前のパチスロを打っていた方もパチスロユーザーとして舞い戻ってくる可能性までも出てきますね。

安定して勝てる+打っていて面白いのがまさしくディスクアップなので、これからもまだまだディスクアップを打っていきたいと思います。

YouTubeにてパチスロ実践動画も配信中

自称プロの「MG」がガチ実践するYouTube動画も2019年5月より配信開始しました。
初期の頃はまだグダグダな実践ですが、日に日に成長していく姿を見て下さい。(真面目に見えて、結構ふざけてます)

ディスクアップ好きな方なら、間違いなく楽しめるはずです。

【ディスクアップ】ガチで設定狙いしたら勝てるのか?(パチスロ実践動画)

 

全国加盟ホール(約2,200店舗)の出玉データをスマホからいつでもチェック可能。
スロプロ達が活用する優良ツール『データロボサイトセブン』は、たったの500円/月(税抜)で利用できる。

Amazon

スポンサードリンク

-立ち回り, 実践報告, パチスロディスクアップ, Aタイプ, 5.9号機, ART機

Top

Copyright© 【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.