現役のスロプロによる、パチスロが好きな方・パチスロで勝っていきたいと思っている方へ、パチスロでの立ち回り方や打ち方、パチスロ機種解析情報などをお伝えするブログです。

【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ

設定狙い

高設定狙いをする際のホール選びについて

更新日:

前回はハイエナ(期待値狙い)についてお伝えを致しましたが、今回は設定狙いについてお伝えしていきます。

ホール選びで重要な事とは?

高設定狙いをするには、まずは優良店(高設定を確実に使っているホール)を見極める事が重要です。

もし、お仕事などでホール回りが難しいといった方であれば、各店舗の人の集まる日(イベント日)を狙って実践してみることが近道となります。

というのも、『人が集まる=高設定が使いやすい』というホールの特徴があるからです。

ホールで選びで重要なのは集客

パチンコホールは日々利益を稼ぐように設定を調整しています。
※もちろん、人件費や光熱費などの店舗を運営する費用も考慮して設定を配分しています

集客が少ないホールでもハイエナなどで立ち回る方法はあるのですが、設定狙いについては集客が少ないホールよりも集客が多い状況で立ち回る方が圧倒的に有利です。
※ただし、集客が多すぎて動けない状況は×なので、店内7〜8割の稼働の店が丁度いいですね

しかし、最近の人気店のイベント状況ですと、朝の抽選並びの人数がきつく、抽選でも良い番号が引けずに、打ちたくない機種でも無理に打たなければならないような状況もあると思います。

ですので、パチスロ台数以上の並び人数によって抽選結果にも期待できないほど並び過ぎなホールに関しては、逆にオススメできません
(抽選で良い番号が引けなくても、そのあと朝イチから参戦できる熱いホールが近くにあれば良いですが…

できる限り並びの人数がホールのパチスロ設置台数の5~7割程度の並びのイベントで、状況的にも悪くないようなら狙い目となります。

※もちろん一番良いのは並び人数ができるだけ少ない状況で、高設定が沢山入っているホールがベストではあります

時にはパチスロ設置台数以上の客の並びで抽選を受ける状況もありますが、はっきりいってその時点で『抽選頼み=ギャンブル』となってしまう為、個人的には常勝は難しくなると考えます。

よって、ホール選びに関してはインターネットで『ホール名+旧イベント日』と検索し、できる限り旧イベント日に朝から参戦してみて、そのホールのイベント日の状況を体験してみるとホールの設定状況が見えてくるでしょう。

簡単にですが、設定狙いをする際のホールの選び方をお伝えしました。

 

勝つ為のおすすめツール

平日と土日の立ち回りの違いとは?

【一般基準】設定狙いでカド台を狙わない方が良い理由

全国加盟ホール(約2,200店舗)の出玉データをスマホからいつでもチェック可能。
スロプロ達が活用する優良ツール『データロボサイトセブン』は、たったの324円/月(メダル約16枚分)で利用できる。

Amazon

スポンサードリンク

-設定狙い

Top

Copyright© 【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.