現役のスロプロによる、パチスロが好きな方・パチスロで勝っていきたいと思っている方へ、パチスロでの立ち回り方や打ち方、パチスロ機種解析情報などをお伝えするブログです。

【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ

設定狙い

設定狙いをする際の機種選びのポイント

更新日:

機種選びのポイントとは?

設定狙いの際には、朝イチから狙う機種選びも非常に重要です。

何故かというと、ホールによって高設定を入れる機種・入れない機種に偏りがあるからです。

もし特別機種に拘りなく高設定に座りたいのであれば、ホール全体の中でもどの機種に高設定を熱めに入れてくるかを予想しながら機種選びをすると良いです。

その場合は以下の『機種の人気度』を意識しましょう。

【機種の人気度】

機種の人気度とは、ホールでの稼動やネット・動画などで話題になっているかどうかが大きく関係しています。

①既に高稼働な機種

②これから流行りそうな機種

③人気が下落している機種

3つに分けると、こんな分け方ですね。

他にもメディアが大きく取り上げている機種、製造メーカーが気合いを入れて作った機種、ホールが力を入れている機種など、も関係してきます。

 

具体的な機種例

『①既に高稼働な機種』
→(例)バジリスク絆などの朝イチに狙う客の多い機種

『②これから流行りそうな機種』
→(例)押忍!番長3・政宗2・バーサスなどのジワジワ人気の出ている機種

『③稼働が下落している機種』
→(例)盗忍!剛衛門などの客離れや設置減台が進んでいる機種

※2018年3月現在

上記のようになります。

高設定が入りやすい機種の特徴とは?

比較的高設定が入りやすい機種といえば、

①既に高稼働な機種
→高設定が入りづらい

②これから流行りそうな機種
→高設定が入りやすい

③稼働が下落している機種
→高設定が入りづらい

上記に加えて更に、『客が付いているか』と『今後撤去されそうか』を考えていきましょう。

 

◆そこで、普段から客が付いている機種かを見ていく

『普段から客が付いている』=高設定を入れる必要は基本的に薄い

『普段から客が付いていない』=高設定を入れる必要はある

◆ただし、今後撤去されそうな機種かを見ていく

『今後撤去されそう』=高設定を入れる必要は薄い

『しばらく撤去しなさそう』=高設定を入れる必要はある

という風なホール側の考えにいき着きます。

ホールも営業利益を得ることに必死なので、上記のような動きをもって短いスパンで、設定のベースを高める機種は変わってきます。

※例えば押忍!番長3などは、撤去まで先は長いのでまだしばらくは大丈夫ですが、今後撤去が近づいてきた時には高設定は入りにくくなっていきます

 

しかし、稼働もよく利益の出やすい『バジリスク絆』でも、たまには全台系・1/2系のイベントを行ない、お祭り感でアピールするなど顧客離れを防ぐ策も入れてくるので、一概に高設定が全く入らないということでは無いです。

自分の中で相性の良い機種や自分の気に入っている機種を打つのも良いと思いますが、更に視野を広げてあまり興味のない機種にも目を向けると、グンと高設定を打てる機会は増えると思います。

更にその時期によって、そのホールが力を入れている機種が見えてくると思います。

ホールの力を入れている機種が読めるようになれば、期待収支も上がってくると思います。

必ずしも全国のホールに当てはまるとは限りませんが、少しでも設定狙いの参考になれば幸いです。

 

高設定狙いをする際のホール選びについて

平日と土日の立ち回りの違いとは?

Aタイプ(ノーマルタイプ)での立ち回り方とは?

全国加盟ホール(約2,200店舗)の出玉データをスマホからいつでもチェック可能。
スロプロ達が活用する優良ツール『データロボサイトセブン』は、たったの500円/月(税抜)で利用できる。

Amazon

スポンサードリンク

-設定狙い

Top

Copyright© 【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.