現役のスロプロによる、パチスロが好きな方・パチスロで勝っていきたいと思っている方へ、パチスロでの立ち回り方や打ち方、パチスロ機種解析情報などをお伝えするブログです。

【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ

基礎知識

パチスロの機械割の計算方法について

更新日:

パチスロ機の機械割に応じた計算方法について、今回は非常に基礎的なお話になります。

そんなこと知ってるよ!という人は、このページは飛ばして頂ければと思います。

機械割に対する計算方法とは?

パチスロ機は機種毎の設定によって機械割(期待枚数)が違います。

様々な機種があって同じ設定6でも、機種によって最終的な平均出玉に違いがあるという事です。

例えば押忍!番長3の場合は下記の青い箇所です。

押忍!番長3の機械割

設定 ART初当り 機械割
1 1/430 98.2%
2 1/414 99.4%
3 1/389 101.6%
4 1/336 106.7%
5 1/334 116.0%
6 1/242 119.3%

機械割のパーセンテージは、下記のような計算で平均出玉に影響します。
機械割や平均出玉の算出方法を覚えておくと良いでしょう。

機械割と平均出玉の計算式

機械割の計算式

(総投入枚数+出玉枚数-現金投資の枚数)÷総投入枚数×100=機械割

上記の「総投入枚数」=「総G数×3枚」と考えれば機械割は算出可能です。(基本的に3枚掛けなので)
稼働した際の収支に加えて、これによって自身の立ち回りによる機械割も計ることができます。

平均出玉の計算式

OUT枚数÷IN枚数×100=PAYOUT枚数

例えば1日に8,000ゲーム回したとして、設定6の場合であれば、

IN枚数(入れたメダルの枚数)
8,000(回転)×3(1回転あたりの枚数)=24,000(枚)

OUT枚数(機械割に準ずる出玉率)機械割119.0%
24,000(IN枚数)×1.19=28,560(枚)

最終的な平均期待枚数
24,000-28,560=4,560(枚)

上記のような計算方法になります。

同じように押忍!番長3の設定1であれば、98.2%の機械割なので

【参考例】設定1の場合

OUT枚数(機械割に準ずる出玉率)機械割98.2%
24,000(IN枚数)×0.982=23,568(枚)
最終的な平均期待枚数
24,000-23,568=-432(枚)

といったように計算します。

ですので、多くメダルを入れて回した分だけ、高設定であれば多くメダルが払い出される期待値が高いという事になります。

いつでも期待枚数を考えながらリスクを回避しつつ、追っていく時はトコトン追っていくと、トータル収支は上がっていくと思います。

パチスロに対して様々なレベルの方がいらっしゃるかと思いますので、また基礎的な話もお伝えさせて頂こうと思います。

【基礎知識】パチスロの収支はつけるべき?

【勝率UP!!】スロプロ達が利用している必勝ツール

全国加盟ホール(約2,200店舗)の出玉データをスマホからいつでもチェック可能。
スロプロ達が活用する優良ツール『データロボサイトセブン』は、たったの500円/月(税抜)で利用できる。

Amazon

スポンサードリンク

-基礎知識

Top

Copyright© 【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.