現役のスロプロによる、パチスロが好きな方・パチスロで勝っていきたいと思っている方へ、パチスロでの立ち回り方や打ち方、パチスロ機種解析情報などをお伝えするブログです。

【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ

立ち回り Aタイプ

Aタイプ(ノーマルタイプ)での立ち回り方とは?

更新日:

最近はAタイプ(=ノーマルタイプ)をメインに立ち回っています。

その理由は収支が安定するからです。

そして、もう一つの理由は楽しいからです!笑

 

ということで今回は、

私の個人的なAタイプでの立ち回り方

をお伝えしていきます。

 

Aタイプでの立ち回り方の基本

まず必須なアイテムなのが、カチカチ君です!
※小役カウンターならなんでもOK

これを家に忘れてきた時のショックといえば、

それはもう計り知れないです!笑

無いとなにが嫌かって、めんどくさいんですよね・・・

スマホのアプリで数えるのも、スマホのメモに入れるのも、

とにかくパチスロは時間との勝負なので、

いかに早く判別を終えて、次の台に移れるか!!

ですので、時間効率がよいほうを選ぶんです!

Aタイプの立ち回りに選ぶ機種は?

最近だともっぱら、アクロス系機種・不二子タイプAプラスのみ!

それ以外は滅多に打たないです。

理由は単純で、高設定が入っているからです

当たり前ですが高設定の機械割が低い機種ほど、
高設定に座れますね。

メインのアクロス系機種
・ハナビ
・バーサス
・クランキーセレブレーション
・ゲッターマウス

ゲッターマウスは、
最近だと狙えない状況が続いていて打てていないですが、

それ以外の機種はメインで打っています。

クランキーセレブレーションは、
機械割が高いぶん高設定が使われにくいので、
イベント日以外は狙わないですね。

ですので、基本的には

ハナビ・バーサス・不二子

で立ち回っています。

 

Aタイプの設定判別はどうすればよい?

基本的には小役を数えながら打っていくことになります。

もちろん機種によって異なるので、

分からなければGoogle検索で、

『(機種名)○○ 設定判別』

と検索すれば一発で出てきますので、

そこから機種毎の情報を調べて打つと良いでしょう。

 

ハナビ・バーサスの設定判別

ハナビ・バーサスなら、

通常時の小役はもちろん、

BIG中の小役やRT中のハズレに設定差が

大きくありますので、要カウントですね。

ボーナス確率はよっぽど悪くない限り、

度外視です!

ボーナス確率なんかより、

小役・BIG中・RT中の要素のほうがよっぽど大事です。

朝から夜まで打っていて、

設定1を下回るボーナス確率で、

設定5や設定6だった事も何度もあるぐらいです。

 

不二子タイプAプラスの設定判別

不二子タイプAプラスなら、

こちらも通常時の小役はもちろん、

BIG中の小役やRT中のハズレに設定差が

大きくありますので、要カウントですね。

不二子には『打ーWIN』という機能が台についています。

『十字キーの真ん中のボタン』→『クイックスタート』

で、小役カウント機能をスタートできますので、

打ち始める前に『クイックスタート』を

必ずしておきましょう!

不二子は特定小役からのボーナス確率に差がありますので、

詳しくはこちらの記事を参考にしてくださいね↓

【不二子TYPE A+】設定4のS-BIGヒキ強時の挙動と設定判別ポイントを解説!

 

設定判別にかける時間は?

出来るだけ早いほうが良いですが、

良い状態なら打ち続ける、

悪い状態なら別の台へ、

を繰り返していきます。

小役があまりに出ないときは

100G~200Gで見切るときもあります。

1台につき最低でも3,000円は使いますね。

3,000円でベルが1・2回とかの時は、

すぐやめるときもあります!笑

 

判別は1000Gまでを心掛ける

中途半端な確率の台とかは、あまり期待せずに

1,000G以内に見切ってやめていきたいですね。

また、開始300Gで小役が悪い、ボーナスも引けない、

だったらやめていいと思っています。

それよりもまだ回っていない台があるのなら、

そっちに早く移って打っていきたいです。

朝イチは一番チャンスが多いので、

フットワークが軽くないといけないですからね。

 

期待できる収支は?

立ち回り方によって変わってきますが、

だいたい一日あたり、10,000円~20,000円ぐらいです。

AT・ART機のほうが機械割も高く、

大きなトータル収支にも期待出ますが、

高設定に座れる機会が少ない分、

負ける日の割合が高くなります。

なので、収支は荒れて精神的にきつい日もあり、

生活にも影響が出たりしますよね?

Aタイプをメインで打ち始めてからは、

稼働日の8割ほどはプラス収支になっています。

(AT・ART機メインで打っていた時は4割~5割の勝率でした)

それでも以前と平均収支はさほど変わらないので、

安定しているほうが、気持ち的にもラクなので、

Aタイプをメインにして立ち回るようになりました。

 

最後に

Aタイプの立ち回りや考え方についてお伝えしていきましたが、

AT・ART機に高設定が入っている状況なら

そっちで全然いいと思います。

私の行くホールでは、以前よりもAT・ART機に対して、

『高設定を入れる割合が以前よりも悪くなっている』

というところで、

Aタイプを打っているという理由でもあります。

ですので、ハイスペックのAT・ART機に

高設定が期待できる状況のホールがあれば、

そっちで狙うことを優先していいと思いますので、

状況に応じて立ち回っていきましょう!

【バーサス】朝イチのBIG中に斜めV揃い(ハズレ)が出た結果

【クランキーセレブレーション】最も機械割を高める打ち方とは?

【不二子TYPE A+】やっとツモれた設定6の挙動とデータ

全国加盟ホール(約2,200店舗)の出玉データをスマホからいつでもチェック可能。
スロプロ達が活用する優良ツール『データロボサイトセブン』は、たったの324円/月(メダル約16枚分)で利用できる。

Amazon

スポンサードリンク

-立ち回り, Aタイプ

Top

Copyright© 【パチスロは勝てる】勝ち方・現役プロの立ち回りブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.